暇人パラドックス

仮面浪人をしている大学生です。仮面浪人のリアルな心情や日常生活で思ったことを書いてます。

「Google翻訳」を使い倒そう

みなさん、こんにちは

今回は大学生の多くが苦労しているであろう

語学の授業とそれを解決してくれる

便利ツール「Google翻訳」についてです。


f:id:Study_Study:20190615131226j:image

実際にこれを使用している大学生も

少なくないと思います。

超便利ですしヽ( ̄▽ ̄)ノ

 

大学では語学の授業と言えば、

基本的には英語と第二外国語になりますね。

 

そんな語学の授業ですが

場合によっては一番負担の大きい科目と

言っても過言ではないと思います。

その中でも「予習」で苦労している人も

多いのではないでしょうか?

 

語学の授業は基本的に少人数のクラスで

授業を受けることになります。

 

少人数のクラスの場合は

教授から指名されて文章を和訳したり、

問題を解いて授業が進んでいきます。

 

高校までに勉強した英語の授業なら

授業中に和訳することも可能ですが

第二外国語の場合はそうはいきません。

 

したがって予習が必須になります。

 

 

その予習をする際に非常に役立つツールが

今回のテーマである「Google翻訳」です。


f:id:Study_Study:20190615130622j:image

その中でも特に便利なのは

文章をカメラで写しその文章を

和訳してくれる「カメラ入力」ですね。

 

筆者はスペイン語を選択していますが、

文章の中で分からない単語を

辞書で調べるのは莫大な時間がかかります。

 

その時間を節約すべく文章の和訳は

基本的に全てGoogle翻訳で済ませてます。

 

和訳をしてみて少し文章がおかしい場合のみ

辞書を使って単語を調べる感じですね。

 

この機能を使うだけで語学の予習や

勉強がめっちゃ楽になるんですよねぇ。

 

語学の勉強(特に授業の予習)に

苦労している人で「Google翻訳」を

使っていない人には超オススメですよ。

 

ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ