暇人パラドックス

仮面浪人をしている大学生です。仮面浪人のリアルな心情や日常生活で思ったことを書いてます。

受験は都会が有利である

みなさん、こんにちは

今回はタイトルの通り「受験は都会が有利」であるという話をしたいと思います。


f:id:Study_Study:20190612160717j:image

これは「いつやるか、今でしょ!」の

決め台詞でお馴染みの

東進ハイスクール講師である

林修先生が言っていた言葉です。

 

ドラゴン桜2の林修先生↓

f:id:Study_Study:20190702134352j:image

 

この考えには筆者も強く賛同します。

 

そしてどんな点が有利なのか

地方出身である筆者の視点から見て

特に思う点を3つあげたいと思います。

 

・地理的アドバンテージ

・全国模試が大学で受けられる

・情報が多い

 

「地理的アドバンテージ」

やはりこれが一番大きいです。

東京の場合、

東京に住んでいるというのは受験において

とてつもないアドバンテージになります。

 

特に私立大学を受験する際は、

ある程度の私立は地方の大学であっても

東京の試験会場で受験することができます。

 

例を挙げると、

新宿駅から徒歩5分の場所にある

代々木ゼミナール本部校は毎年のように

関西大学や関西学院大学など多くの

私立大学の試験会場として使用されます。

 

筆者は地方のド田舎出身ですが、

関西の大学を受けるために

地方試験が行われている他県まで

行かなければならず大変でした。

 

スポーツでもそうですが、

自分のホームとアウェーで戦うのでは

プレッシャーが全く違ってきます。

 

また、電車の乗り換えにも

慣れている人が多いため

受験時に複雑な電車の乗り換えやシステムに

苦労した筆者のような人も少ないでしょう。

 

 

「全国模試を大学で受験できる」

東京の受験生は予備校の全国模試を

早稲田大学や明治大学で受験できます。

 

また関西の受験生は京大プレを実際に

京都大学で受験できたりします。

 

受験前に実際の志望校や大学で

模試を受けれることは非常に有利です。

 

地方の高校生は全国模試といえば、

学校で受けるというのが普通だと思います。

 

この差は非常に大きい。

 

筆者自身も4月に河合塾の全国模試の

申し込みをした時に気付いて驚きました。

 

東京の受験生羨ましいのう……(´-ω-`)

 

 

「情報が多い」

これも非常に重要なことです。

情報はインターネットが普及した

現代でもやはり都会と地方では異なります。

 

特に都会は大学生の「生の声」が聞けます。

予備校のチューターなんかもそうですね。

 

実際に目標の大学に足を運び

そこに通う大学生に会って

勉強法を聞くこともできるわけです。

 

 

以上の3点が筆者の思う

受験は都会が有利である理由です。

 

皆さんいかがでしたでしょうか?

 

今まで都会のメリットを

散々書いてきましたが

地方の受験生はそれを嘆く必要は

全くないと思います。

というか

嘆く時間があるなら少しでも

その差を埋めるために勉強しましょう。

 

 

……余談を少し……

首都圏の主要大学に通う学生のうち

6割以上が関東出身だそうです。

http://www.asahi.com/area/tokyo/articles/MTW20180611131560001.html

 

この現状は実際に都内の大学に通う

地方出身の筆者も強く感じています。

 

今まで述べてきたような

地理的条件や経済的な条件も

もちろんあるとは思いますが、

 

しかし、それでも特に都会の大学を目指す

地方の受験生は負けずに

頑張って欲しいとも思っています。

 

まだ受験まで時間はあります。

現役生・浪人生ともに

お互い勉強頑張りましょう。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ