暇人パラドックス

仮面浪人をしている大学生です。仮面浪人のリアルな心情や日常生活で思ったことを書いてます。

授業は上手にサボろう

みなさん、こんにちは

今回は授業のサボり方についてです。


f:id:Study_Study:20190610150259j:image

こんなことを言うと批判をする人も

多少いるかもしれませんが、

 

大学ではどんなに真面目に授業を受けても

単位を取れなければ無意味です。

 

そして何より筆者を含めた「仮面浪人」には 

時間がありません。

 

そこで筆者がオススメするのは、

友達と協力して「ローテーション」で授業を

受けるという方法です。

 

なお筆者は文系のため

理系の授業内容ついては分かりません。

 

申し訳ないです(>_<)

 

そもそも大学の授業(文系)には

主に3つのパターンがあります。

 

①出席(リアぺ)あり、ノートあり

②出席(リアぺ)なし、ノートあり

③出席(リアぺ)なし、ノートなし

 

それぞのパターンを説明すると、

 

 

パターン①は、

授業に出席して授業の感想や意見を書く

リアぺ(リアクションペーパー)必須です。

 

大学によっては

出席カードという言い方もしますね。

 

そしてノートを取ることも必須です。

 

 

パターン②は、

出席カード(リアぺ)はありませんが

ノートを取るのが必要な授業です。

 

パターン③は、

出席カード(リアぺ)もなければ

ノートを取る必要もないという授業です。

 

授業前にレジュメが配られ

そのプリントに書いてある内容を

教室の前にあるスクリーンに表示して

教授が説明するという授業です。

 

大教室での授業に多い印象ですね。

 

 

さて、本題の授業を「ローテーション」で

受ける方法についてです。

 

これは単純に大学の友達と

持ち回りで講義を受講する方法です。

 

この方法が使えるのは出席を取らない

パターン②とパターン③の授業です。

 

 

例をあげると

筆者の大学の授業時間は

1回100分授業で14回講義があります。

 

最初と最後の授業は出席するとして、

残りの12回を4人で持ち回りすると

12回のうち1人3回の出席で済みます。

 

 

時間にすれば

100×9=900(分)が節約でき、

1授業あたり15時間の時間が生まれます。

 

 

自分の順番の時はもちろん授業に集中し

ノートを取り要点も細かくチェックします。

 

自分がサボったら他の友達に

迷惑がかかるので真面目に受けます。

 

この方法は賛否があると思いますが、

仮に4人の持ち回りで

 

1授業あたり15時間という時間を生み出す

メリットはやはりお互いにとっても

非常に大きいものです。

 

 

仮面浪人に限らず

授業中にただスマホをいじっているだけで

時間がもったいないなぁと思う人は

 

友達と今回のような方法を

試してみてはいかがでしょうか?

 

もちろん学生は

真面目に授業を受けるのが一番であり

それが望ましいと筆者も思っています。

 

しかし、日々の生活の中で

要領よく効率的に生活するのも

大事なことだと感じたりしている現在です。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

 

もしよろしければ下のリンクもご覧下さい

「おぎやはぎ」のインタビュー記事です。

https://www.buzzfeed.com/jp/keijiroabe/ogiyahagidesuga-nanika?ref=hpsplash