暇人パラドックス

仮面浪人をしている大学生です。仮面浪人のリアルな心情や日常生活で思ったことを書いてます。

東京のエスカレーター

f:id:Study_Study:20190706152329j:image

みなさん、こんにちは

今回は東京の「エスカレーター」に対して

思うことを書いていきたいと思います。

 

東京でエスカレーターに乗る時は「左側に乗り右側を空ける」というのと、

大阪でエスカレーターに乗る時は「右側に乗り左側を空ける」というのは、

有名ですね。

 

歩行者のために空けておくというものですが、これって意味あるのか?

と思い今回のテーマにしました。

 

というのも地方出身である筆者にとっては、

片側を空けてエスカレーターに乗るというのは、

結構な違和感を感じるという理由からです。

 

理由としては2つあります。

そもそもエスカレーターは歩行禁止

両側に乗った方が効率良くね?

 

そもそもエスカレーターは歩行禁止

f:id:Study_Study:20190706161738j:image

下のリンクは「日本エレベーター協会」のホームページですが、エスカレーターの利用について基本的に歩かないようにと書かれています。

https://www.n-elekyo.or.jp/instructions/escalator.html

新宿駅の朝の通勤ラッシュの時間帯には、

エスカレーターを駆け足で利用している人も多く見かけるのですが、

 

そこまで急がなくても……とか思っています。

ガタガタ揺れて危ないんですよねぇ。

 

両側に乗った方が効率良くね?

これはそのままの考えなんですが、

両側に乗った方が効率いいんじゃないか?

と思っています。

 

例えば、海外ではエスカレーターは両側に立ち止まって乗ったほうが輸送効率がよい、

という分析結果も出ています。

 

2015年と2016年にロンドン地下鉄のホルボーン駅で行われた実験では、

片側を空けておくのと比べて30%増しで

多くの人を運べたそうです。

 

また特に大して混んでいない時でも、

東京の人たちは右側を空けてエスカレーターに乗っています。筆者はそういう時には右側に乗ったりするんですが、

まぁまぁ浮いている気がします……(´-ω-`)

 

他にも新宿にあるビックロ新宿東口店では

店員さんがエスカレーターは2列でお願いしますと呼びかけを行っていますが、

右側に乗る人は多くありません。

f:id:Study_Study:20190706234822j:image

こんな感じで東京のエスカレーター事情を

ちょっと不思議に感じております。

 

エスカレーターの両側に乗れる日は

いつ頃になるのでしょうか……(´-ω-`)

 

ということで、

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

幸せとは「金と健康」である

f:id:Study_Study:20190704123445j:image

みなさん、こんにちは

今回は幸せとは「金と健康」であるという話です。

 

そもそも「幸せ」とはなんぞや?

という疑問を抱く方もいるでしょうし

 

自分にとっての幸せは◯◯です。

と他のことを思い浮かべる人も

もちろんいるでしょう。

 

そこは人間それぞれの考え方なので

様々な意見があるのが普通だと思います。

 

そして筆者自身は基本的に「お金と健康」

の2つがあれば人生なんとかなると思っています。

てかめっちゃ幸せだと思う。

f:id:Study_Study:20190704152200j:image

理由としては、 

まずは健康が一番

お金が心の余裕をくれる

という理由からです。

 

まずは健康が一番大事

これはもう言うまでもないですよね。

仮にどれだけお金や時間に余裕があっても

自分の体が思うように動かなかったり

持病があるととても辛いです。

 

風邪をひいてベッドから起きれない時には

「健康が一番」という言葉の意味を

毎回つくづく実感します。

 

お金が心の余裕をくれる

さて「お金」についてですが、

やはりお金というのは人生において必要不可欠なものです。

お金がないと日々の生活の中で度々お金の心配をしてしまいそれがストレスになることもあります。

お金があればそのような心配をする必要がないので心に余裕ができる気がします。

f:id:Study_Study:20190704152320j:image 

あと「お金よりも愛」の方が大事だという

意見もありますね。

もちろんそれも個人の価値観ですが、

個人的には「愛だけじゃ飯食えねえしなぁ」

と考えが捻くれております……(´-ω-`)
f:id:Study_Study:20190704154032j:image

ただ幸せの形は人それぞれなので、

皆さんはどんなことを「幸せ」だと思っているのか気になるところです。

 

というわけで、

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

受験に「お守り」は必要か?


f:id:Study_Study:20190627151101j:image


みなさん、こんにちは

今回は受験の「お守り」についてです。

 

皆さんはお守りを持っていますか?

いわゆる「学業成就」的な文字の

入っている種類のお守りですね。

 

有名どころで言えば、

学問の神様である「菅原道真」で

有名な太宰府天満宮や北野天満宮の

お守りでしょうか。

https://hotokami.jp/articles/130/

 

筆者も高校受験の時は「学業成就」の

お守りを持ち歩いていましたが、

大学受験の時には一切持たなくなりました。

 

理由としては、次の2つがあります。

・そもそもほとんど使わない

・参考書の方がお守り代わりになる

 

そもそもほとんど使わない

気合いを入れて買ったわりには

ほとんど存在を思い出すことがありません。

しかも結構お高いのに……(´-ω-`)

 

ただカバンに入れておくだけなんて

荷物になるだけなのでそれなら

最初から別に買う必要ないと思ってます。

 

参考書の方がお守り代わりになる

これは東進ハイスクールの英語講師である

今井宏先生がおっしゃっている言葉です。

http://www.toshin.com/news/detail_659.html

この記事にもあるように、

受験当日は今まで使い込んで

ボロボロになった参考書がお守りに

なってくれると筆者も思っています。

 

試験前に見返してみて、

こんなにボロボロになるまで

使い込んできたんだから大丈夫だ!


f:id:Study_Study:20190627172601j:image


という感じでしょうか。

 

試験前だけ普段は思い出しもしないような

「学業成就」のお守りにすがるのは

ちょっと都合良すぎな気がします。

 

……補足として……

お守りは必要ないと書いてきましたが

誰かから「手作り」で貰ったようなものは

大事に持っておいていいと思いますよ。

 

恋人や部活のマネージャーが受験用に

手作りで作ってくれることありますよね。

そういうものは大事にしてあげて下さい。

 

というわけで、

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

テスト勉強始めました


f:id:Study_Study:20190622185822j:image

みなさん、こんにちは

今回のテーマは大学の「テスト勉強

についてです。


f:id:Study_Study:20190622194440j:image

 

月日が立つのは早いもので もう6月末です。


いよいよ大学のテストが迫ってきました。

 

 

今まで学校の定期テストだろうが

夏休みの宿題だろうが直前にならないと

やる気にならなかった筆者ですが、

 

今回ばかりはそんな悠長なことは

言ってられません。

 

大学の友達には「なんとかなるでしょ!」

とか言ってますが、

内心ビビりまくっております。


f:id:Study_Study:20190622193951j:image

 

さて、筆者は仮面浪人という立場ですが

前期がっつり、後期少なめで

単位を取り留年だけはなんとしても

避けることを目標にしています。

 

筆者の所属先である法政大学では、

現在1年生から2年生への進級条件として

 

「24単位以上の単位を取得すること」

 

という条件があります。

 

各学期で取得できる単位の上限が

26単位なのでなんとしても

前期でフル単を狙いたいところです。

 

その場合は後期の授業にほぼ出席を

しなくても進級はできますからね。

 

進級条件に特定の必修科目がないことが

一応救いでしょうか。

 

 

もちろん受験勉強をしたいのですが、

この1ヶ月は最低限の勉強を続けながら

テスト勉強に集中します。

 

受験勉強でもそうですが

しっかり準備した上で望む方が

精神的にも楽ですしねぇ……(´-ω-`)

 

大学の授業に費やした時間と労力は

単位」という形で回収したいです。

 

皆さんもそれぞれの勉強やテスト

大変だと思いますが頑張って

お互い乗り切りましょう!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

他人から元気をもらわない

f:id:Study_Study:20190622143404j:image

みなさん、こんにちは

今回筆者が伝えたいことはタイトル通り

他人から元気をもらわない

ということです。

 

筆者を含め日々の生活の中で

何か嫌なことがあった時に落ち込んで

しまう人は多いと思います。

 

皆さんはそんな時に

どうやって対処しているでしょうか?

 

まず、この記事を書いたきっかけですが

筆者は現在Twitterをやっています。

https://twitter.com/tech09434877

 

そこで多くの仮面浪人や浪人生を

フォローしているのですが

まぁまぁ皆さん愚痴が多いです……( ̄▽ ̄;)

 

浪人・仮面浪人というのは辛いものですが

筆者を含め基本的には自分で考えて

自らその状況を選んだわけです。

 

基本的に周りは反対しますからね。

 

特に、辛くてやる気にならないから

誰か元気付けて欲しい」というツイートを

よく目にするので、それってどうなの?

と思い今回の記事を書きました。

 

 

さて本題に戻ります。

普段の生活で気分が落ち込んだ時には、

筆者の場合はとにかく運動をします。

 

筋トレやランニングとかですね。

基本的に「他人から元気をもらわない

というのを意識します。

f:id:Study_Study:20190620162623j:image

例えば、気分が落ち込んだ時に

音楽を聞く人は結構多いと思います。

 

筆者も高校生の頃は

落ち込んだ時や部活の試合前などに

テンションの上がる曲を聞いていました。

 

しかし、そんな曲ばかり聞いていると

いざという時に自分のメンタルを

自分でコントロール出来なくなると

思って聞くのをやめてしまいました。

 

よくテレビやラジオ、映画やYouTubeで

元気をもらう」とか

感動をありがとう」という

言葉を耳にしますが、

 

それを他人からもらってどうすんのよ。

と筆者は思っています。

 

自分の心は自分で制御する。

元気になりたい時には

他人に頼らず自分の力で元気になる。

 

というのを意識してみると、

どんな時でも自分のことを信じて

行動することが出来るかもしれませんよ。

 

なんだか説教臭くなりましたが……(´-ω-`)

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

睡眠のススメ

みなさん、こんにちは

今回のテーマは私たちの生活において

最も重要な役割を果たしているであろう

睡眠」についてです。


f:id:Study_Study:20190618130032j:image

いきなりですが、

皆さんは1日にどのくらいの

睡眠時間を取っていますか?

 

スタンフォード大学の教授である

西野精治さんの記事によると

日本人の睡眠時間は

世界でもワースト1~2位らしいです。

https://r25.jp/article/682480651994766187

 

上記の記事の中では、 

 

6時間睡眠が1週間続くと、

2日徹夜したのと同じくらいの

覚醒具合になってしまうと言われています。

 

別の言い方をすると、

血中アルコール濃度が0.8~1.0%くらいの

ほろ酔いと似た状態です。

というのが衝撃的でした…(;・ω・)

 

睡眠時間が少ないのは自覚していても

いきなり普段より早く寝つけるわけもなく

少し勉強や仕事をしていたり

ちょっとテレビやスマホを見てたら

ついつい夜更かしをすることありますよね。

f:id:Study_Study:20190702210212j:image

筆者も高校生の時までは

寝るのが基本的に夜2時過ぎという

かなりの夜型人間だったのですが

 

大学生になり「仮面浪人」という

イカレた生活を乗り切るべく

睡眠」にかなり気を使い始めました。

 

 

そんな筆者が睡眠をする上で

特に意識していることは次の4つです。

 

・寝る3時間前からは食事を取らない

・睡眠90分前に入浴を済ます

・毎日同じ時間に寝る

・睡眠時間は7時間以上取る

 

寝る3時間からは食事を取らない

筆者は夜11時に寝ていますが

寝る直前に食事をすると

胃が活発になり寝れなくなります。

 

それを避けるために

夜8時までには食事を済ませます。

 

睡眠90分前に入浴を済ます

これは上記のリンクの記事にある

入浴と体温リズム」を参考にしました。

そちらを見ていただけると助かります。

 

毎日同じ時間に寝る

それまで夜型人間だったわけですが

毎日夜11時に寝ることを心掛けた結果、  

 

今では夜10時過ぎには眠くなり

ベッドに入って5分以内に眠っています。

 

人間慣れるもんですな…( ´-ω-)

 

睡眠時間は7時間以上取る

言葉の通り7時間以上寝ることで

毎日すっきりした気分で1日を過ごせる

ようになったと感じています。

 

逆にもう6時間睡眠では

しんどい体になってしまいました。

 

 

この4つが筆者が普段睡眠をする上で

特に意識していることになります。

 

学生や社会人に限らず「睡眠」は

1日の生活の約4分の1を占めています。

 

まず何よりも「健康が一番」ですから

この記事をご覧になって

皆さん自身の睡眠時間を見直す機会を

作ることが出来れば幸いです。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

テレビのない生活をした結果

みなさん、こんにちは

今回は「テレビ」についての記事です。


f:id:Study_Study:20190616162347j:image

皆さんは家にテレビってありますか?

筆者は大学生ですが、

テレビを持っていません。

 

現在「仮面浪人」という立場なので

当然と言えば当然ですが、おそらく

今後もテレビを持つことはないと思います。

 

今回はそんな筆者が

実際にテレビのない生活を送ってみて

感じた点を3つ挙げたいと思います。

 

・大して困らない

・スマホやタブレットで十分

・ネット配信の方が面白かったりする

 

大して困らない

そのままですが本当に困りません。

というより見る時間がない……(´-ω-`)

 

平日は朝から大学に行って、

帰宅後に大学の勉強と受験勉強を

していると1日が終わってしまいます。

 

土日も「仮面浪人」という

ハンデを埋めるべく勉強するので

そもそもテレビを見る時間がありません。

 

幸い普段から特定のバラエティ番組や

連続ドラマを見ることも少なかったので

ほとんど支障がありませんでした。

 

スマホやタブレットで十分

筆者はプロ野球が好き(DeNAファン)で

よく試合を見るのですが

 

これはスマホやAmazonタブレットを使って

AbemaTVやDAZNを見れば解決できます。

f:id:Study_Study:20190616192538j:image

AbemaTVのプロ野球中継が

今年はなくて残念だったりしますが……

 

現在、サッカー日本代表が参加している

南米選手権(コパ・アメリカ)も

今回はDAZNによる独占中継ですね。

ニュースに関しても、

基本的にネットニュースで十分なので

わざわざテレビを使う必要はありません。

 

ネット配信の方が面白かったりする

最近はテレビにAmazonプライムビデオや

ネットフリックスを繋いで視聴している人も

多いのではないでしょうか?


f:id:Study_Study:20190616192555j:image

上記の2つには日本国内・国外を含め

多くの映画・ドラマ・アニメ等の

コンテンツが豊富に揃っています。

 

会員になれば非常に多くの作品を

視聴することができるので

休日に利用している人も多いみたいですね。

 

またここ数年間で

小学生のなりたい職業ランキング上位に

「YouTuber」がランクインしていますが、

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/kai-you.net/amp/article/62344%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAeqrjsST7fa-lAE%253D

 

このように地上波のテレビより

YouTubeを見る人も多いと思われます。

 

Amazonプライムで配信している

「ドキュメンタル」のように

今の地上波では難しいような企画も

ネットでは配信可能だったりしますね。

 

 

以上の3点が、

テレビのない生活を送ってみて

筆者が感じたことです。

 

テレビがなくても意外に不便ではないし

特定の時間を拘束されることがないので

むしろ快適だと感じています。

 

 

皆さん、いかがでしたでしょうか?

 

今後テレビを購入しようと考えている人は

参考にして頂けると幸いです。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

「Google翻訳」を使い倒そう

みなさん、こんにちは

今回は大学生の多くが苦労しているであろう

語学の授業とそれを解決してくれる

便利ツール「Google翻訳」についてです。


f:id:Study_Study:20190615131226j:image

実際にこれを使用している大学生も

少なくないと思います。

超便利ですしヽ( ̄▽ ̄)ノ

 

大学では語学の授業と言えば、

基本的には英語と第二外国語になりますね。

 

そんな語学の授業ですが

場合によっては一番負担の大きい科目と

言っても過言ではないと思います。

その中でも「予習」で苦労している人も

多いのではないでしょうか?

 

語学の授業は基本的に少人数のクラスで

授業を受けることになります。

 

少人数のクラスの場合は

教授から指名されて文章を和訳したり、

問題を解いて授業が進んでいきます。

 

高校までに勉強した英語の授業なら

授業中に和訳することも可能ですが

第二外国語の場合はそうはいきません。

 

したがって予習が必須になります。

 

 

その予習をする際に非常に役立つツールが

今回のテーマである「Google翻訳」です。


f:id:Study_Study:20190615130622j:image

その中でも特に便利なのは

文章をカメラで写しその文章を

和訳してくれる「カメラ入力」ですね。

 

筆者はスペイン語を選択していますが、

文章の中で分からない単語を

辞書で調べるのは莫大な時間がかかります。

 

その時間を節約すべく文章の和訳は

基本的に全てGoogle翻訳で済ませてます。

 

和訳をしてみて少し文章がおかしい場合のみ

辞書を使って単語を調べる感じですね。

 

この機能を使うだけで語学の予習や

勉強がめっちゃ楽になるんですよねぇ。

 

語学の勉強(特に授業の予習)に

苦労している人で「Google翻訳」を

使っていない人には超オススメですよ。

 

ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

「○○Pay」を使い倒そう

みなさん、こんにちは

 

今回のテーマは「○○pay」についてです。筆者は最近QRコード決済の「PayPay」で

よく買い物をしています。


f:id:Study_Study:20190613194634j:image

 

ご存知の通り「PayPay」は2018年12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」が

話題になり急速に広まった

QRコード決済サービスです。

 

まだ使っていない人や

これから使おうとしている人は

このサイトが分かりやすいと思います。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/paypay/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQNKAGYAfewvs_Z25eCFQ%253D%253D

 

 

普段はクレカ派の筆者ですが

6月に入ってからドラッグストアで

使えるようになったのを期に

再び使い倒しております。

https://paypay.ne.jp/event/drugstore/

 

特にYahoo!プレミアム会員の場合は、

常時20%還元になるので

半年間無料のプレミアム登録をしました。

 

実際に「PayPay」で払ってみると、


f:id:Study_Study:20190613232024j:image

このような画面が表示されます。

 

この時は洗剤を購入しましたが、

全額還元が当たり

実質無料で購入できました\(^o^)/

 

この他にも「LINEペイ」が先日まで

20%還元キャンペーンをしていましたね。

 

5月には「メルペイ」とセブンイレブンが

コラボして大きな話題となりました。

 

このようなQRコード決済サービスが広まり

本格的にキャッシュレスが進んでくれるのは

現金を持ちたくない筆者としては

本当にありがたいです。

 

 

また購入金額が20%還元されるというのは、

受験に向けて生活費を節約している

筆者にとっても助かります。

 

今後も「○○pay」が増えていく中で

これらのサービスを上手く活用すれば

お得な買い物ができると思います。

 

まだ使ってない人はぜひ一度

利用してみることをオススメします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

受験は都会が有利である

みなさん、こんにちは

今回はタイトルの通り「受験は都会が有利」であるという話をしたいと思います。


f:id:Study_Study:20190612160717j:image

これは「いつやるか、今でしょ!」の

決め台詞でお馴染みの

東進ハイスクール講師である

林修先生が言っていた言葉です。

 

ドラゴン桜2の林修先生↓

f:id:Study_Study:20190702134352j:image

 

この考えには筆者も強く賛同します。

 

そしてどんな点が有利なのか

地方出身である筆者の視点から見て

特に思う点を3つあげたいと思います。

 

・地理的アドバンテージ

・全国模試が大学で受けられる

・情報が多い

 

「地理的アドバンテージ」

やはりこれが一番大きいです。

東京の場合、

東京に住んでいるというのは受験において

とてつもないアドバンテージになります。

 

特に私立大学を受験する際は、

ある程度の私立は地方の大学であっても

東京の試験会場で受験することができます。

 

例を挙げると、

新宿駅から徒歩5分の場所にある

代々木ゼミナール本部校は毎年のように

関西大学や関西学院大学など多くの

私立大学の試験会場として使用されます。

 

筆者は地方のド田舎出身ですが、

関西の大学を受けるために

地方試験が行われている他県まで

行かなければならず大変でした。

 

スポーツでもそうですが、

自分のホームとアウェーで戦うのでは

プレッシャーが全く違ってきます。

 

また、電車の乗り換えにも

慣れている人が多いため

受験時に複雑な電車の乗り換えやシステムに

苦労した筆者のような人も少ないでしょう。

 

 

「全国模試を大学で受験できる」

東京の受験生は予備校の全国模試を

早稲田大学や明治大学で受験できます。

 

また関西の受験生は京大プレを実際に

京都大学で受験できたりします。

 

受験前に実際の志望校や大学で

模試を受けれることは非常に有利です。

 

地方の高校生は全国模試といえば、

学校で受けるというのが普通だと思います。

 

この差は非常に大きい。

 

筆者自身も4月に河合塾の全国模試の

申し込みをした時に気付いて驚きました。

 

東京の受験生羨ましいのう……(´-ω-`)

 

 

「情報が多い」

これも非常に重要なことです。

情報はインターネットが普及した

現代でもやはり都会と地方では異なります。

 

特に都会は大学生の「生の声」が聞けます。

予備校のチューターなんかもそうですね。

 

実際に目標の大学に足を運び

そこに通う大学生に会って

勉強法を聞くこともできるわけです。

 

 

以上の3点が筆者の思う

受験は都会が有利である理由です。

 

皆さんいかがでしたでしょうか?

 

今まで都会のメリットを

散々書いてきましたが

地方の受験生はそれを嘆く必要は

全くないと思います。

というか

嘆く時間があるなら少しでも

その差を埋めるために勉強しましょう。

 

 

……余談を少し……

首都圏の主要大学に通う学生のうち

6割以上が関東出身だそうです。

http://www.asahi.com/area/tokyo/articles/MTW20180611131560001.html

 

この現状は実際に都内の大学に通う

地方出身の筆者も強く感じています。

 

今まで述べてきたような

地理的条件や経済的な条件も

もちろんあるとは思いますが、

 

しかし、それでも特に都会の大学を目指す

地方の受験生は負けずに

頑張って欲しいとも思っています。

 

まだ受験まで時間はあります。

現役生・浪人生ともに

お互い勉強頑張りましょう。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

マイルールが人生を楽にする

みなさん、こんにちは

今回は日常生活における「マイルール」が

人生を楽にするという話です。


f:id:Study_Study:20190611151358j:image

コロンビア大学の教授が調べたところ、

平均的なアメリカ人が選択できることは

1日に70個ぐらいだそうです。

https://www.ted.com/talks/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose/transcript?language=ja

 

日々の生活の中で皆さんは

多くの「選択」をしているわけですが

情報を入手して選択をするというのは、

けっこうエネルギーを使います。

 

例えば、毎日どんな服を着ていくかや

何を食べるかを選ぶのだってそれなりに

エネルギーを使っているわけです。

 

今回の内容である「マイルール」は

そんな日常の選択を減らすためのものです。

 

Appleのスティーブ・ジョブズが

ずっと同じ服を着ていたことや、

オバマ前大統領がほぼ毎回同じ

スーツを着ていたことは

有名な話ですが、

あれも選択する回数を減らすためです。

https://curazy.com/archives/57692

 

余計なエネルギーを使わないようにして

自分にとって必要なことだけに

最大限集中するためでしょう。

 

 

筆者自身にも「仮面浪人」という

クレイジーな生活の中で余計なことに

極力エネルギーを使わないよう

自分なりのマイルールがいくつかあります。

 

具体例をあげると

・朝起きてすぐシャワーを浴びる

・起床後30分以内に家を出る

・毎朝同じ場所で朝食を食べる

・下着と靴下は同じ色1種類のみ

・爪切りは5日に1回

・夕食は夜8時までに済ます

・睡眠90分前に入浴を済ます

・毎日同じ時間に寝る  etc.

 

他にもありますがこんな感じです。

 

 

筆者はこのようなマイルールを作った

効果で生活にメリハリがついたと思います。

 

特に、時間に対するルールは

時間を逆算して行動する必要があります。

その点が大きいですね。

 

あと意外にも「爪切りは5日に1回」の

ルールが一番助かってたりしてます。

こうでもしないと

爪を切らなきゃと思いながら

ついつい忘れるんですよねぇ…(´-ω-`)

 

 

いかに自分で考えないでルールに

従って生活するかというのは、

一見すると「怠惰のススメ」に

思えるかもしれませんが

 

日々の生活の「選択を減らす」ために

マイルールを決めるとストレスの少ない

生活ができるかもしれません。

 

みなさんも自分なりの「マイルール」を

作ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

授業は上手にサボろう

みなさん、こんにちは

今回は授業のサボり方についてです。


f:id:Study_Study:20190610150259j:image

こんなことを言うと批判をする人も

多少いるかもしれませんが、

 

大学ではどんなに真面目に授業を受けても

単位を取れなければ無意味です。

 

そして何より筆者を含めた「仮面浪人」には 

時間がありません。

 

そこで筆者がオススメするのは、

友達と協力して「ローテーション」で授業を

受けるという方法です。

 

なお筆者は文系のため

理系の授業内容ついては分かりません。

 

申し訳ないです(>_<)

 

そもそも大学の授業(文系)には

主に3つのパターンがあります。

 

①出席(リアぺ)あり、ノートあり

②出席(リアぺ)なし、ノートあり

③出席(リアぺ)なし、ノートなし

 

それぞのパターンを説明すると、

 

 

パターン①は、

授業に出席して授業の感想や意見を書く

リアぺ(リアクションペーパー)必須です。

 

大学によっては

出席カードという言い方もしますね。

 

そしてノートを取ることも必須です。

 

 

パターン②は、

出席カード(リアぺ)はありませんが

ノートを取るのが必要な授業です。

 

パターン③は、

出席カード(リアぺ)もなければ

ノートを取る必要もないという授業です。

 

授業前にレジュメが配られ

そのプリントに書いてある内容を

教室の前にあるスクリーンに表示して

教授が説明するという授業です。

 

大教室での授業に多い印象ですね。

 

 

さて、本題の授業を「ローテーション」で

受ける方法についてです。

 

これは単純に大学の友達と

持ち回りで講義を受講する方法です。

 

この方法が使えるのは出席を取らない

パターン②とパターン③の授業です。

 

 

例をあげると

筆者の大学の授業時間は

1回100分授業で14回講義があります。

 

最初と最後の授業は出席するとして、

残りの12回を4人で持ち回りすると

12回のうち1人3回の出席で済みます。

 

 

時間にすれば

100×9=900(分)が節約でき、

1授業あたり15時間の時間が生まれます。

 

 

自分の順番の時はもちろん授業に集中し

ノートを取り要点も細かくチェックします。

 

自分がサボったら他の友達に

迷惑がかかるので真面目に受けます。

 

この方法は賛否があると思いますが、

仮に4人の持ち回りで

 

1授業あたり15時間という時間を生み出す

メリットはやはりお互いにとっても

非常に大きいものです。

 

 

仮面浪人に限らず

授業中にただスマホをいじっているだけで

時間がもったいないなぁと思う人は

 

友達と今回のような方法を

試してみてはいかがでしょうか?

 

もちろん学生は

真面目に授業を受けるのが一番であり

それが望ましいと筆者も思っています。

 

しかし、日々の生活の中で

要領よく効率的に生活するのも

大事なことだと感じたりしている現在です。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

 

もしよろしければ下のリンクもご覧下さい

「おぎやはぎ」のインタビュー記事です。

https://www.buzzfeed.com/jp/keijiroabe/ogiyahagidesuga-nanika?ref=hpsplash

 

スマホでノートを取ろう

みなさん、こんにちは

今回は大学でのノートの取り方について

筆者の思うところを書いていきます。


f:id:Study_Study:20190610104737j:image

みなさんは大学での講義中

ノートをどのように取っていますか?

 

おそらく多くの人が大学ノートに

シャーペンやボールペンを使って

取っているのではないかと思います。

 

しかし、手書きでノートを取るのは

色々とめんどくさかったりします。

 

講義ごとにノートを分けている人は

それだけで荷物になります。

 

ノートを間違えて持ってくることもあれば

筆者のように字が下手だと見返す気力も

なくなったりするなんてことも。

 

 

そこで筆者がオススメしたいのは

スマホでノートを取る

ということです。



は?( ゚Д゚)

なんて人もいるかもですが単純です。

 

 

手順としては、

①自分のスマホにマイクロソフト社の「Word」と「OneDrive」のアプリを

インストールする。

f:id:Study_Study:20190702121202j:image

②「Word」アプリを開いてノート作成を選び

スマホのタッチ入力で講義のノートを取る。

ノートを作った後で「OneDrive」に保存を選び保存する。

 

③講義終了後に大学のパソコンを使って

Word」を開く。

その後、保存したノートを選択し印刷すればスマホで作成したノートの完成です。

 

とても簡単ではないでしょうか?

 

 

筆者は実際にこの方法を使って

ノートを取っていますが利点としては

文字がきれいである

手で書くよりも早い

の2つが特に大きいです。

 

特にスマホでの入力は 

フリック入力予測変換を使えば

かなり早くノートを取ることができます。

 

データは「OneDrive」に保存してあるので

仮にプリントを無くしたとしても

誰かにノートを借りる必要もありません。

 

またスマホ1つで完結するので

荷物にもなりませんし

通学中にノートの整理も簡単に出来ます。

 

なのに大学の講義中に

スマホでノートを取っている人は

筆者の狭い視野で見る限り見当たりません。

 

なぜみんなスマホを活用しないのか

不思議に思っているくらいです。

 

スマホでノート取るくらいで

そんな楽になるわけないだろWWW

 

と思っている読者の方も

多少いらっしゃるでしょうが

 

ここは筆者に騙されたと思って

一度スマホでノートを取ってみて下さい。

 

あなたの負担が激減するかもしれません。

 

というわけで

今回は以上になります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

他大学の図書館を利用する方法

みなさん、こんにちは

今回は所属先以外の大学の図書館を

利用できる制度についてです。

 

というのも

休日の勉強をする場所について

悩んでいる人も少なくないと思います。

 

所属先の大学に行くまで

片道1時間以上なんて人もいると思います。

それでは移動時間がもったいない。

 

家で勉強するのも

結構誘惑が多かったりします。

 

公共の図書館は一般の人もいるので

空いてる席がないなんてこともあります。

 

 

そこでいきなりなんですが

山手線コンソーシアム」という言葉を

ご存知でしょうか?

下に明治大学図書館のリンクがあります。

 

http://www.lib.meiji.ac.jp/use/yamanote/

 

これは山手線沿線の私立大学が

お互いの図書館を利用できるように

相互に協定を結んだものです。

 

加盟している大学は、

青山学院大学國學院大学学習院大学

東洋大学法政大学明治大学

明治学院大学立教大学      の8大学です。

 

上記の大学のいずれかに所属している

学生であればこの制度を活用して

他の大学の図書館を使うことができます。

 

 

筆者は法政大学に所属していますが

これを利用して明治大学の図書館を

休日によく利用しています。

 

理由は法政より明治のキャンパスの方が

家から近いという単純な理由です。

 

明治大学のキャンパスが徒歩圏内なだけに

片道30分以上かけて法政まで行くの

もったいなく感じるんですよねぇ(´-ω-`)

 

しかし毎日利用できるというわけではなく

筆者が利用している明治の図書館は

試験期間の1月と7月は利用できません。

 

利用条件については各大学の図書館で異なるのでそれぞれ確認してみて下さい。

 

申込みについては

利用したい大学の図書館に行って

窓口で「山手線コンソーシアム」の

利用を伝えると案内をして頂けます。

その際に所属先の学生証が必要になるので

忘れず持参しましょう。

 

筆者は申込みから約30分程度で

専用のカードを発行して頂きました。

 

下の写真が利用カードになります。

モザイクで伏せている部分には

利用者の氏名と番号が記載されています。f:id:Study_Study:20190608202436j:image

上記の8大学限定にはなりますが、

もし休日等に利用してみたいと思う人は

一度確認してみることをオススメします。

 

他にも例えば早稲田大学の図書館は

慶應義塾大学、一橋大学、

同志社大学、関西大学

の4大学と協定を結んでいます。

 

仮面浪人をしている人に限らず

所属先以外の大学の図書館が利用出来るか

どうか調べてみるのも面白いですよ。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました(・ω・)ノ

友達とサークルは必要か?

 

みなさん、こんにちは

今回は仮面浪人を送る仮面先の大学での

友達」と「サークル」についてです。f:id:Study_Study:20190629123155j:image

まず「友達」ですが、

これはできれば

作っておいた方が良いと思います

(もう6月なんですが……)

 

というのは、

初めての大学生活で分からないことが多い上

慣れない土地や1人暮らしの中で

友達がいるというのはやはり心強いものです

 

筆者自身にも一緒に授業を受けたり、

学食を食べたりするような友達は数人います

 

仮面浪人をしていることは話していませんし

言うつもりもありませんが、

話し相手がいるだけでも精神的に楽だし

いい気分転換になっていると思います

 

また別の記事で書くつもりですが、

友達と協力してローテーション回りで

授業に出席するという方法も使えます

 

 

次に「サークル」ですが、

これに入る意味が筆者には理解できません

 

というのも、

仮面浪人をしている以上は

来年大学に合格するのが最優先です。

 

今年に限らず受験直前になれば

もっと勉強しておけばよかった

と誰もが思うはずです。

 

仮面浪人は純粋に浪人をしている人と

比べると時間がありません。

 

その貴重な時間を「サークル」に費やすのは

絶対にやめた方がいいと思います。

 

 

何でもこなして仮面浪人が成功するのは

文字通り「超人」だけです。


f:id:Study_Study:20190629115158j:image

やるべきこと」と「やらないこと」を

しっかり決めて淡々とこなしていくことが

仮面浪人を成功させるのに必要だと思います

 

6月に入り中間テスト等で忙しい人も

多いと思いますが

お互い負けずに頑張りましょう(・ω・)ノ